いつでも、どこでも、水素補給

HOME > 吸う水素> 水素生成器ハイドリッチ

Hydrichとは

銀座東京クリニック福田一典医院長監修!
臨床データ収集や安全性等の設計に2年!
家庭で安心安全に使える水素ガス生成器。
発生水素、純度99%以上。
水素発生量は、12Lと7Lから選べます。

  1. 特許第5857139号
  2. Hydrich(ハイドリッチ)商標登録済み

Hydrichについて

「Hydrich」は銀座東京クリニック福田一典院長監修のもと開発致しました。
「Hydrich」は、水のフィルターを通過させることで、水素ガスを吸入適合温度に調節し、万が一のための不純物除去フィルターとして機能し更に、水素ガスのphを整えるなど、家庭で安心安全に使える水素ガス生成器です。

水に沈めるだけで始まる化学反応で、純度99%以上の分子状水素ガス(H2)を1グラムあたり500ml以上と大量に生成できる化学水素発生材です。
水素ガス発生材の素材は全て食品添加物で調合されています。

銀座東京クリニックやその他の医療機関では25gの水素材を使用します。
25gで約12リットル相当の水素ガスが生成されます。
グラムに換算すると約1.1gの水素分子に相当します。

現在市販されている水素水中の水素分子の最高濃度は1ppm前後です。
濃度1ppmとは、水素水1リットルの中に1mg(ミリグラム)の水素分子が溶けていることを意味します。1mgは1gの1000分の1なので、25gの発泡水素材が発生する水素ガス量は、市販されている水素水の約1000リットル分に相当する水素ガス量だと言えます。
(※発生した水素ガスを全て吸入できるわけでは無いので、あくまでも利用できる水素の量での比較です)

銀座東京クリニックやその他の医療関係では

水素ガス治療は、日本人の3大死因の悪性腫瘍、心血管疾患、脳血管疾患を始め、患者数の多い糖尿病、メタボリック症候群、慢性呼吸器疾患、肺炎、アルツハイマー病などの認知症、パーキンソン病、腎炎・ネフローゼ、抗がん剤や放射線治療の副作用、自己免疫疾患などの慢性炎症性疾患、精神疾患(双極性障害や統合失調症など)など、数多くの疾患や病態の治療において有効性が報告されています。

水素分子は無味無臭のガスで、脂質膜を通って速やかに拡散し、細胞内に入り、ミトコンドリアや核といった細胞内小器官に容易に達することができます。水素は容易に血液脳関門を通過し、神経組織の細胞にも到達します。水素ガスには細胞毒性などの有害作用はなく、生理的には、腸内細菌が複合糖質の発酵によって体内でも産生されています。そのため、動脈血には水素が含まれており、この水素を細胞が利用していることを示唆しています。

水素はフリーのヒドロキシラジカルとは反応しますが、その他の活性酸素とは反応しません。ヒドロキシラジカル以外のフリーラジカルはシグナル伝達などの生理的な機能にも役割を担っているので、ヒドロキシラジカルだけを消去することは理論的な利点になります。

炎症や酸化ストレスに関連した様々な病気の治療に水素が有効である可能性が指摘されています。このような疾患として、がん、炎症性疾患(自己免疫疾患など)、神経変性疾患(アルツハイマー病やパーキンソン病など)、精神疾患(双極性障害や統合失調症など)、呼吸器疾患、循環器疾患、糖尿病、腎障害などが報告されています。

水素ガスは多彩な生物活性を有しており、炎症や酸化傷害やアポトーシス(細胞死)の異常に関連する多くの病気の治療法として魅力的な治療薬です。現在、多くの医療機関で採用が検討されています。



ページの先頭へ
 
商品紹介 ボトルドウォーター ウォーター・サーバー アクアペルトシリーズ ウォーター・サーバー アクアクレール ドリンク補助商品 ボトルバック その他の商品 ボトルバック ドリンク補助商品 ウォーター・サーバー アクアクレール ボトルドウォーター 商品紹介 ウォーター・サーバー アクアペルトシリーズ info@o2-shop.jp